2009年07月21日

この世界には、なにかが足りないようです 3話-3

59 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:33:12 ID:/87NTnBT

    \∧_ヘ
    / \〇ノゝ    反乱討伐軍は現時点を持って解散。
   ./三√・ω・)∩
   /三/| 。U| /    以後の任務は、第06連隊が引き継ぐんよ。
    U (:::::::::::)
    //三/|三|\
      ∪  ∪



    \∧_ヘ
    / \〇ノゝ
   ./三√・ω・)∩   では、自分は第06連隊への通達があるから、これで失礼するんよ。
   /三/| 。U| /
    U (:::::::::::)     みんなの武運を祈っとるんよ。
    //三/|三|\
      ∪  ∪



60 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:34:11 ID:/87NTnBT

     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
    |::::::::/ ノ   ― |
   |:::::::〉 ( ●) (●)|
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)     ……異人の侵略とは、大変なことになりましたな。
    |     |r┬-|  |
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



           ___
         /    \
        / ヘニヾ゙リン\      ここでごちゃごちゃ話し合っても、
      / =▲▼--▼▲\     異人どもは止まらんでしょう。
      |    /(__人__)ヽ  |
      \    `⌒┃  /     さっさとクール領へ行くべきですな。
    /´` |   ヽ  ・/,´´ ̄、~ヽ、
   /~ ヽ,,,  /"´`゙゙ヽ / " ̄ヽヽ;; ト、
  (    ヽ`  :::::::::::: Y:::::::  :ノ/r  }ヽ、
  {  :::)  ヽ     ,,,,,|,,    i{  ::::::: ヽ、
  i、ノ     )ヽ:::::::::::::人:::::  丿 \ ノ ( )
  /   ):::: /;; """  i ゙゙゙゙::/   /  |  |
  |      |   """" !゙゙゙゙ \  /::::::::::: /



61 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:35:11 ID:/87NTnBT

       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \    そうしたいのは山々ですが……
  /    (●)  (●) \
  |        '      |
  \      ⌒   /



       / ̄ ̄\
      /  へ    \
    .(●)(● )  u. |
     | |   u   |   物資がもちませんな。
     . |___´_      |
     {`ー'´     |    第02連隊から援助を受けましたが、それでもせいぜい2日分。
      {      u. /
      \     /      ここからクール領を目指すなら、どんなに急いでも4日はかかります。
      ノ     \
     /´        ヽ  つまり、あと2日分の食料をどこからか調達しなくてはいけません。



62 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:36:12 ID:/87NTnBT

         ____
       /    \
      / ヘニヾ゙リン \
    /=▲▼--▼▲=\     ンなもん、途中で徴発すればいいんだよ。
    |    /(__人__)ヽ   |
    \    `⌒┃   /     いつもやってるだろ?
     /´`"´``Y´´・""j⌒ ヽ
    {;;ノ´i、,. . ..|,, 、 、 ノヾ ;; ト
    / ;/i  __,人 _ _;;, ,/ヽ ヾ )
    ( .."ヽi、 ;;_ |^.. ;; ,i ,i` ノ;ノ
     ヽ iノヾ; 人__::": ヽ/"/
      ト \,ii== ===i!、/ /
      ,iヽ/  i i   \ノi、
      |    ,! !.     |



     / ̄ ̄\
   /   「   \
   | U  ( ─)(─)    仰るとおりなのですが……
.   |      |  )
    |  U  __´___ノ     それをすると積み込みのために、部隊を停止させる必要があります。
   .l^l^ln  `ー'´}
.   ヽ   L     }     結果、クール領への到着がさらに遅れるかと。
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



63 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:37:14 ID:/87NTnBT

           ____
         /     \
       / \   / \    クール領以南には、強固な要塞が存在しませんからね。
      /  (●)  (●)  \
     |        ´      |   ここが正念場になるでしょう。
     \      ⌒     /



    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!    一日の遅れが王国の命運を左右することになる、か。
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)    やる夫大尉、いい案はないか?
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



64 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:38:11 ID:/87NTnBT

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)     2日……
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



           ___
         /    \
        / ヘニヾ゙リン\     なんだと……?
      / =▲▼--▼▲\
      |    /(__人__)ヽ  |
      \    `⌒┃  /
    /´` |   ヽ  ・/,´´ ̄、~ヽ、
   /~ ヽ,,,  /"´`゙゙ヽ / " ̄ヽヽ;; ト、
  (    ヽ`  :::::::::::: Y:::::::  :ノ/r  }ヽ、
  {  :::)  ヽ     ,,,,,|,,    i{  ::::::: ヽ、
  i、ノ     )ヽ:::::::::::::人:::::  丿 \ ノ ( )
  /   ):::: /;; """  i ゙゙゙゙::/   /  |  |
  |      |   """" !゙゙゙゙ \  /::::::::::: /



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\   やる夫なら2日で、クール領に援軍を届けて見せますお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /



65 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:39:12 ID:/87NTnBT

      _____
    /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
     |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
     |::::::::/ ⌒  ⌒ |
    |:::::::〉 ( ●) (●)|    ほう、それは大きく出ましたね。
    (@ ::::⌒(__人__)⌒)
     |     |r┬-|  |    ウチの参謀が試算した半分の日数でクール領まで移動するとは……
     \    `ー'´ /    どんなマジックを使うのですか?
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    別に大した仕掛けがあるわけではありませんお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    随行する兵を限界まで減らすだけですお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



66 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:40:19 ID:/87NTnBT

       ____
    /     \
   /  ─    ─\    第02連隊と第08連隊の合計兵数は約4000
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |   全員に食料を分配するとなると、実際は2日も持ちませんお。
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    また水と食料はまだしも、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   馬のエサとなる飼葉は確実に不足しますお。
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \   ですので、ドールマスターとドール。それに最低限の騎兵のみで
     |  (ー)  ( ●)   |   クール領に先行してもらいますお。
.     \  (__人__)   /
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
   〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
.   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|
   |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉
67 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:41:12 ID:/87NTnBT

            / ̄ ̄\
          /   「   \
          |    ( ●)(●)    なるほど。
          |       | )
             |     __´___ノ    歩兵を連れず、騎兵のみで行動すれば
             |     `ー'´}     かなり時間を短縮できる。
             ヽ        }
           ヽ     ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (─)  (─) \   しかしそれでも、実際は3日近くかかると思いますお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   馬も無限に走れるわけではありませんお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



68 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:42:13 ID:/87NTnBT

       ____
    /     \
   /  ─    ─\     最低限の兵と言った理由は、ここにありますお。
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |    騎兵には、人の乗っていないカラ馬を曳いてもらいますお。
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    ドールマスターの馬が潰れた場合は、疲れの少ないカラ馬に
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i    乗り換えてもらいクール領を目指してもらいますお。
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   また移動速度を上げるために、
     |     |r┬-|     |   商用街道を利用できるよう、担当者に連絡を入れておきますお。
     \      `ー'´     /
      r´、___∩∩__,  /     軍を移動させるには狭すぎますが、
      \__ ´人 ` _ノ     50騎程度なら、問題なく利用できるはずですお。
       ヽ   ̄   ̄ |
       |      /       関所は全て開放。宿場には水、食料等を用意させておきますので、
        |   r  /        最速でクール領に辿り着けるはずですお。
        ヽ  ヽ/
         >__ノ;:::......



69 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:43:12 ID:/87NTnBT

     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
   |:::::::〉 ( ●) (●)|
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)    商用街道を利用するのはいいのですが、
    |  u   |r┬-|  |     これから連絡を入れて、すぐに関所を通過できるようになるのですか?
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    大佐殿のご懸念は、もっともですお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    こちらも全速力で動く以上、
(  \ / _ノ |  |      普通に使者を出して許可をもらっていては、とても間に合いませんお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



70 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:44:12 ID:/87NTnBT

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   ですが、ご心配なく。
    |      (__人__)     |   こちらには一瞬で管理者に指示を出せる態勢が整っていますお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ ─  ─ |     一瞬で……?
   |::::::( ( ●)  (●)|
   (@  ::::  (__人__)  )    にわかには信じがたい話ですね。
    |     ` ⌒´  |     どうするのですか?
   /     ∩ノ ⊃/
   (  \/ _ノ|  |
   .\ “ /__|  |
     \/___ /



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     あいにくですが、第02連隊の機密に抵触するため
 /  (●)  (●)  \   説明することはできませんお。
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /



71 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:45:12 ID:/87NTnBT

       ___
     /   ヽ、_ \      (ホントは薔薇水晶の偵察ユニットを応用した技術なんだお)
    /(● ) (● ) \ 
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \    (でも、そのことをわざわざ教えてやる義理はねーお)
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /   (裏からいろいろ手を回してドールをかき集めたことがバレると、
     ゝ  ノ            ちょっとシャレにならねーんだお。第02連隊の中だけの秘密なんだお)
   /   /



     / ̄ ̄\
   /   「   \
   |    ( ●)(●
   |       | )   …………
.   |     __´___ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



72 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:46:11 ID:/87NTnBT

          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|   大尉、主戦力となるドールマスターの移動は
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|   それで良いとして、他の兵はどうする?
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   通常の街道を進ませるか?
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l



     ____
   /      \
  /  ─    ─\     大筋では、そのような形になるかと。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    ただ許可をいただければ、
./     ∩ノ ⊃  /    兵の一部を兵站の構築に回したいと考えていますお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      六個連隊の戦闘行動を支えるには、それなりの態勢が必要ですお。
  \ /___ /



73 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:47:11 ID:/87NTnBT

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)    よし、その意見を採用する。
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }     大尉にスゥヨーン中尉と歩兵200を預けるから、
           ヽ、      ソ      よきに計らってくれ。
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |                            了解ですお>
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|     はやっ!
   |:::::::〉 ( ○) (○)|
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)    (なにこの決断のスピード……)
    |  u   |r┬-|  |
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



74 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:48:11 ID:/87NTnBT

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\    (まあ、普通の人には理解しがたいですよね、この決断力は)
   /   ( ー)  (ー) ヽ
   |  u   ___`___    |   (ぼくも新任でいきなり連隊の指揮を任されたときは、唖然としましたよ)
   ヽ、    `ー '´  /



     ____
   /     \     (ですが、この即決こそ。我が連隊の強さの秘密)
  /  \   /\
/   (_)  (_) \   (良案の採用は決定事項。
|       、__',_,    |   それゆえ、ぼくらは常に先んじて手を打つことができますし、
\           /.   やりがいもある)



        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \       (ま、あまり人任せなのも問題ですけどね)
     /   (●)  (●)  \
     |      __´ _     |      (大佐殿は良くも悪くも、お人よしですから)
     \        ̄    /
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /



75 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:49:12 ID:/87NTnBT

            / ̄ ̄\
          /   「   \
          |    ( ●)(●)
          |       | )    では、こちらも協力させていただきましょうか。
             |     __´___ノ
             |     `ー'´}     ジュピタービット歩兵大尉と傭兵をいくらか……
             ヽ        }
           ヽ     ノ      階級は同じ大尉ですが、やる夫大尉の好きに使ってやってください。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|



     / ̄ ̄\
   /   「   \
   |    ( ●)(●
   |       | )     それでよろしいですか、いく夫大佐?
.   |     __´___ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



76 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:50:19 ID:/87NTnBT

     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ ─  ─ |
   |::::::( ( ─)  (─)|    …………
   (@  ::::  (__人__)  )
    |     ` ⌒´  |
   /     ∩ノ ⊃/
   (  \/ _ノ|  |
   .\ “ /__|  |
     \/___ /



     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ ―  ― |
   |::::::( ( ●) (●)|     いいでしょう。
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)
     |     ` ⌒´  |     細かい点は、少佐に一任します。
    \         /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ                                ありがとうございます>
     |  \/゙(__)\,|  i



77 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:51:11 ID:/87NTnBT

              ____ _
            /          \
          /              \
         /    _            丶    では、我々ドールマスターは騎兵を率い、
         l    ノ }    ⌒\   /⌒ l    商用街道を利用してクール領へ。
         |   / .ハ ::;;(  ●)  ( ●)|
        .l   // .ム-,..,. ´"''"  , "''"´ l    残りの兵は、平原を抜けて移動。
         \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /
          |フ入     l       /      また一部の兵は、やる夫大尉の指揮下で兵站の構築。
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ       これでよろしいでしょうか?
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
     / ,..........    ',       l}_|./   j
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
   //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
  j j       、    l        l ,._ll′
  l |      `ヽ  ヘ        l! /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    それで頼むだろ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |



      _____
    /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
     |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
     |::::::::/ ⌒  ⌒ |
    |:::::::〉 ( ●) (●)|
    (@ ::::⌒(__人__)⌒)   こちらも異存はありません。
     |     |r┬-|  |
     \    `ー'´ /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||



78 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:52:12 ID:/87NTnBT

       ____
     /      \
    /  ─    ─\    問題は夜神少佐の第12連隊ですが……
  /    (_)  (_) \
  |        '      |
  \      ⌒   /



    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、  ……自分は、王都に向かうつもりです。
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'    王都で今回のことを報告する――
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN    それがダディ大佐のご遺志ですので。
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!



79 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:53:12 ID:/87NTnBT

             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |        ……ああ、それがいいだろ。
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |        兄貴、いやオプーナ司令には、
            ヽ        }        俺のほうから事情を説明しておく。
          __,, -ヽ     ノ -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ > /⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"



     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Y: l:::::`爪|            〈       よろしくお願いします。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \



80 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:54:12 ID:/87NTnBT

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)   では、会議は終了。
             |     ` ⌒´ノ
              |         }    各自、準備に取り掛かってくれ。
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



81 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:55:16 ID:/87NTnBT

 ──会議終了後・第08連隊──


    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |   ( ●)(●)
.  |      |  ). rm、     では、少佐。
   |     __´___ノr川 ||
.   |     `ー'´},.!  ノ'     王都での報告の件、よろしく頼むぞ。
.   ヽ        r / .|
    ヽ     ノノ ノ
    /     / ./
    |      /
     |    i´



  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l;l|;'::ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ヾ ::::::}ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ!         rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//     了解です。
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´
    ::‖ {  ゙、ヽ        ‐=ユr-'
     |    ヽ\         _ノ
          ヽ\      /
           ,.-‐=ニ_、   _ノ
  .         \,イヽ、    ̄
           \ \



           (⊃ ̄ ̄\
         (⊃   「   \
        (⊃   ( ●)(●)
         |       |  |     軍監どもは、我々の行動を敵前逃亡と報告しているだろうからな。
            |     __´___ノ
             |     `ー'´} \   間違いを正してやってくれ。
           / ヽ        }   \
       /   ヽ、.,__ __ノ     ) 代わりといっては何だが、
      /        .   | _/  少佐の辞職に関しては、こちらから手を回しておく。
     |         / ̄ ̄(_)   円満な形での退役となることを約束しよう。
      \   \ /| JJJ (
       \  /   /⊂_)



82 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:56:12 ID:/87NTnBT

    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!      よろしくお願いします。
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!     では、先輩。ご武運を。
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!



            / ̄ ̄\
          /   「   \
          |    ( ⌒)(⌒)    うむ。
          |       | )
             |     __´___ノ    貴様の前途に、暖かな陽が差すことを祈っているぞ。
             |     `ー'´}
             ヽ        }
           ヽ     ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|



     / ̄ ̄\
   /   「   \
   |    ( ─)(●
   |       | )    (報告の件はコレで終了だな。
.   |     __´___ノ     あとは……)
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



83 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:57:16 ID:/87NTnBT

     / ̄ ̄\
   /   へ  \
   |    ( ●)(●)
.   |      |  )      ジュピタービット大尉!
    |     __´___ノ
   .l^l^ln  `ー'´}
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



  |  |        ____
  |  l   ,  '´//     `ヽ
  l  ゝ. // / /       _ >、
  ',   \/ / /    /< 、   |  /|
   、    ∨ l    /   、>'⌒>// /
    >、  / ,' |__,./   トv' /⌒, ‐ ' /
    | `ー' /         l_/ //⌒Y
    ヽ, ‐ '   _,,..、‐;     /‐ ゝ__ノノ       はっ。お呼びでしょうか?
      >、__∠_/   _/  .イ ̄}
 、   〈 l/ / _.. ― 、 〈 ‐ 、 / {‐‐'
  >'  ̄`V`r―'' __   }  \./  lニ、
 /  /  , ヘ二__ `_ノ  /    V∧‐- .. _
  /  /‐‐{  /  _ /    .//  l /
 /  /  /|`lーr'''"     , //  /く __
   /__//'‐' l      / | |_/   /
   /―― '    `ー―‐'''    ̄ /   /_



84 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:58:12 ID:/87NTnBT

     / ̄ ̄\
   /   へ  \
   |    ( ●)(●)
.   |      |  )     うむ。本日付で第02連隊への出向を命じる。
    |     __´___ノ
   .l^l^ln  `ー'´}     兵の選抜に関しては、貴様の好きにして構わん。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



            / ̄ ̄\
          /  ヘ   \
          |    ( ●)(●)
          |       | )    直属の上官は、ニューソク・デ・やる夫輜重大尉だ。
             |     __´___ノ
             |     `ー'´}     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
             ヽ        }     よろしく当たれ。
           ヽ     ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|



85 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 00:59:12 ID:/87NTnBT

  |  |        ____
  |  l   ,  '´//     `ヽ
  l  ゝ. // / /       _ >、
  ',   \/ / /    /< 、   |  /|
   、    ∨ l    /   、>'⌒>// /
    >、  / ,' |__,./   トv' /⌒, ‐ ' /
    | `ー' /         l_/ //⌒Y     (要注意人物、ということか……)
    ヽ, ‐ '   _,,..、‐;     /‐ ゝ__ノノ
      >、__∠_/   _/  .イ ̄}      ──了解しました。
 、   〈 l/ / _.. ― 、 〈 ‐ 、 / {‐‐'
  >'  ̄`V`r―'' __   }  \./  lニ、
 /  /  , ヘ二__ `_ノ  /    V∧‐- .. _
  /  /‐‐{  /  _ /    .//  l /
 /  /  /|`lーr'''"     , //  /く __
   /__//'‐' l      / | |_/   /
   /―― '    `ー―‐'''    ̄ /   /_



87 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 01:00:14 ID:/87NTnBT

     / ̄ ̄\
   /   「   \
   |    ( ─)(─)
   |       | )    (よし。これで打てる手は、全て打った……)
.   |     __´___ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



            / ̄ ̄\
          /  ヘ   \
          |    ( ●)(●)
          |       | )    (大佐殿の立場を危うくしかねない要因は全て潰す)
             |     __´___ノ
             |     `ー'´}     (たとえそれが味方であってもな……)
             ヽ        }
           ヽ     ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|



88 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 01:01:43 ID:/87NTnBT

 本日は、これにて終了。

 書きためが本格的に尽きたので、次回は未定。
 たぶん来週あたりになるかと……また予告します。

100 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 01:13:52 ID:/87NTnBT
2体目のドール、本当は朝倉さんの予定だったのです。
しかし、どうにも動かしにくいので、みくるとチェンジ。さらば朝倉女史。

キャラ的には好きなんですけどね、朝倉さん。

102 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/21(火) 01:16:37 ID:/87NTnBT
>>97
次回から増えます。ええ増えますとも。

というか、そろそろドールのほうに視点を向けないと、ただの暗黒腹芸劇場になっちゃうんですよね。

109 名前: ◆tkykoDx7DU [] 投稿日:09/07/21(火) 08:10:12 ID:/87NTnBT
おっけー。次からこの酉で行きます。

117 名前: ◆tkykoDx7DU [] 投稿日:09/07/21(火) 18:06:08 ID:/87NTnBT
>>110
 新スレ立てるときにミスったっぽいです。酉も変更したので大丈夫かなー、と。


 物資の現地調達は昔からデフォですね。
 なので、昔の戦争では「常に侵略していないと飢え死ぬ」というヘンな状況が発生しています。
 

118 名前: ◆tkykoDx7DU [] 投稿日:09/07/21(火) 18:15:01 ID:/87NTnBT
 書き忘れた。
 >>117は、作中ではなくて、リアルな世界の話ですね。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。